海外留学生の受入プログラム
Host student

このプログラムについて
About this program

YFUでは、1969年以来、外国高校生の日本受入れにも力を入れています。
外国高校生は現在の日本に大きな関心を寄せ、伝統と実績を持つYFUを通じて日本で生活体験をしたいという希望を持っています。その動機や目的は様々ですが、日本の家庭に滞在し家族の一員として家庭生活を楽しみ、また、日本の高校に通学し多くの友達を通して日本の姿を彼ら自身で感じたいと願い、日本へ来ます。日本の高校生が海外における異文化体験で国際理解を深めることと同様に、外国高校生を日本に受入れて、日本での生活・学習体験により日本の社会・文化に対する理解を深めてもらうことは、非常に大きな意義があります。

プログラムの種類
Type of program

年間受入プログラム(約10ヶ月間)

  • YFU日本との交流国の学生が対象
  • 2015年3月中旬には以下の21ヶ国から84名が到着した。
    オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、ドイツ、ハンガリー、インドネシア、韓国、ラトビア、リトアニア、オランダ、ノルウェー、ルーマニア、スウェーデン、スイス、タイ、米国
  • 東京でのアライバル・オリエンテーションの後、ホストファミリーに滞在しながら、4月より12月まで高校通学、YFU諸行事に参加
  • 滞日期間中、担当地区委員を定め、個別に又はエリア・オリエンテーションにより地域毎に学生・ホストファミリーに対する相談・世話・アドバイスに当たる
  • 公文・通信教育による日本語指導を行う
  • 帰国1ヶ月前に地域毎に学生・ホストファミリーを対象にリエントリー・オリエンテーションを行い、1月帰国

前期セメスター受入プログラム(約5ヶ月間)

  • 3月中旬ブラジル、スイス、米国から5名が来日、1週間のアライバル・オリエンテーションの後、ホストファミリーに滞在しながら、4月から7月まで高校通学、YFU諸行事に参加
  • 滞日期間中、担当地区委員を定め、個別に又はエリア・オリエンテーションにより地域毎に学生・ホストファミリーに対する相談・世話・アドバイスに当たる
  • 公文・通信教育による日本語指導を行う
  • 帰国1ヶ月前に地域毎に学生・ホストファミリーを対象にリエントリー・オリエンテーションを行い、8月に帰国

後期セメスター受入プログラム(約5ヶ月間)

  • 8月下旬チェコ、オランダ、米国から7名が来日、1週間のアライバル・オリエンテーションの後、ホストファミリーに滞在しながら、9月から12月まで高校通学、YFU諸行事に参加
  • 滞日期間中、担当地区委員を定め、個別に又はエリア・オリエンテーションにより地域毎に学生・ホストファミリーに対する相談・世話・アドバイスに当たる
  • 公文・通信教育による日本語指導を行う
  • 帰国1ヶ月前に地域毎に学生・ホストファミリーを対象にリエントリー・オリエンテーションを行い、1月に帰国

ホストファミリーについて
About hostfamily

YFUでは常時ホストファミリーの申込みを受付けています。
長期プログラム(年間及び前期・後期セメスター共)は受入前年の8~11月にホストファミリー募集活動を強化します。夏期短期プログラムでは受入年の2~5月に募集活動を強化します。ホストファミリーの対象としては、YFU交換留学生の有無にかかわらず、国際理解の増進にご関心がありYFUの趣旨をご理解いただけるご家庭に広く呼びかけています。外国学生をご家庭に受入れ、家族ぐるみで国際交流をしてみようというご希望がございましたら、YFU地区委員又はYFU事務所へご連絡下さい。
とくに、YFU派遣プログラム参加学生が海外でのホームステイを体験する前に、年間又は短期プログラムで来日する外国学生を受入れ家族ぐるみの国際交流をすることは、確実に参加学生の良い異文化体験につながりますので強くお勧めしています。

※留学生のために部屋を提供していただく場合、ルームシェアでも構いません。また、両親が共働きでも結構です。

ホストファミリーの基準

海外学生を受入れようという心をお持ちで、海外学生のためにベッドと3度の食事を無償で提供して下さること

海外学生に日本の家庭生活を体験させてあげられる条件が整っていること(両親共働きの家庭でも差し支えない)

YFUの趣旨を理解し、人種・宗教・性別に偏見がなく、受入期間中、外国学生・ホストファミリーに対するYFUの連絡・助言を受入れて下さること

ホストファミリー予定者には、事前にYFU担当者による家庭訪問・インタビューを行わせていただきます

プログラムの流れ
Flow of program

1 募集

2 インタビュー

3 受入海外学生決定

4 オリエンテーション

5 海外学生来日

6 ホームステイ

7 受入海外学生帰国

8 体験報告会

オリエンテーション
Orientation

アライバル・オリエンテーション

来日学生は全員、到着直後、合宿オリエンテーションに参加し、次のことを学習します。

  • 日本語学習の導入(話し方、書き方、他)
  • 日本の家庭・学校・社会
  • YFUの趣旨・方針・規則
  • その他、良い日本体験につながるアドバイス

エリア・オリエンテーション

年間学生には3~4回(セメスター学生は1~2回)地域単位で留学生・ホストファミリーを対象に行い、留学生のホストファミリー・学校への適応状況をチェックし、必要なアドバイスを与えます。また、日本語の学習を促します。

リエントリー・オリエンテーション

帰国1ヶ月前に地区単位で留学生・ホストファミリーを対象に行い、日本での9ヶ月間(4ヶ月間)の体験をまとめさせ、プログラム終了時の後始末をきちんと行うようアドバスをし、帰国後の逆カルチャーショックに備えさせます。
各留学生に日本体験について日本語でのスピーチをさせ、原稿を提出させます。