世界の留学情報
Information about study abroad

ノルウェー
Norway

言語 ノルウェー語、事前語学学習は求めない
配置 ノルウェー全土で、多くは郊外又は小 さな町
学校 8月半ばから6月半ばまで
旅行 追加料金で教育的旅行に参加できる
娯楽 スキー、サッカー、週末のゲッタウェー、映画
国内情報

山、フィヨルド(峡江)、島、氷河、森。自然はノルウェー人の生活で中心的役割を果たしています。YFU学生としてあなたは、世界的規模化と個人の成長に高い価値をおいている社会において最良の野外活動を楽しむことができるでしょう。
ノルウェーの家庭は小さいかも知れませんが、家庭はノルウェーの生活方式にとって非常に重要です。各家庭は週末には、田舎にある別荘や小屋に向かいます。そこで冬はスキーを、その他のシーズンには色々な野外活動を楽しみます。
山、フィヨルド(峡江)、島、氷河、森。自然はノルウェー人の生活で中心的役割を果たしています。YFU学生としてあなたは、世界的規模化と個人の成長に高い価値をおいている社会において最良の野外活動を楽しむことができるでしょう。
ノルウェーの家庭は小さいかも知れませんが、家庭はノルウェーの生活方式にとって非常に重要です。各家庭は週末には、田舎にある別荘や小屋に向かいます。そこで冬はスキーを、その他のシーズンには色々な野外活動を楽しみます。

プログラム内容

交換留学生は公立学校に出席し、授業料、制服は必要ありません。年齢と学力に応じて1年、2年、または3年に編入されます。
学年は8月中旬から6月中旬まで。数日間の秋休み、クリスマス休み、1週間の冬休み、1.5週間のイースター休みがあります。
YFUノルウェーが学校を決め、ホストファミリーがクラスやテーマ選択のお手伝いをします。交換留学生は学校に正規の学生として出席することになり、完全な時間割に従い、テスト・試験も受けます。どの学年でも必修科目と選択科目があります。
教材と教科書の入手は交換留学生自ら行います。教科書を貸してくれる学校もありますが、買わなければならない場合もあります。その場合は300-400ドルかかります。使用済み教科書を安く入手したり、無料で借りられるケースもあります。学校への通学手段(バス)が必要な場合、交換留学生自身が負担することもあります。ノルウェーでは地域により、通学交通費をカウンティーが返済してくれる場合もありますが、そうとは限りませんので月40~80ドルを準備して下さい。

YFUサポート体制

大部分の問題はホストファミリー、友達、先生との話合いで解決できます。
必要な場合は、各交換留学生のためのコンタクト・パースンがおります。普通は、成人のYFUボランティアで近くに住んでいる方です。名前、住所、電話番号は到着後オリエンテーションセミナーで教えてくれます。
YFUノルウェー本部事務所の24時間緊急電話連絡先は+4790524317です。

交換留学期間中のセミナー等

「到着後オリエンテーションセミナー」(8月、ホストファミリーに入るに先立って4日間)のほか、初秋には地域ボランティア企画の「知り合うためのセミナー」に招かれ、YFU帰国生、ホストファミリー、ボランティアに会います。これは自己負担となります。また、「中間期セミナー」がノルウェーの各所で行われ、YFUボランティアや他の交換留学生たちと会い、ノルウェーの文化・社会、交換留学生としてのあなた自身の状況に焦点を当てます。このセミナーの費用はプログラム参加費に含まれています。交換留学1年の終わりにYFUノルウェーは、観光、ハイキング、その他を含むオスロ発の「学年度末旅行」を計画しています。約2,500ノルウェークローネかかります。